私的ハワイ準備まとめ

ロクに海外も行ったことなかった僕が、ハワイに行くために準備したこと、実際行って良かったことをまとめてます。
みなさんの参考になれば嬉しいです!

タグ:JALパック


こんにちは。

今回は、当ブログで何回か実施している「旅行会社ツアー比較」の2019年春バージョンを行ってみたいと思います。対決するのは「JALパック」「HIS」です。それぞれ2018年11月時点での最新パンフレットを参考としています。また、個人調べですので、間違っていたらすみません!

比較の条件は、
  • 首都圏発
  • 2019年6月
  • オアフ島のシェラトンワイキキ宿泊
  • 5泊7日
でいってみたいと思います!


泊まれる部屋対決!

念のためですが、今回対決の舞台となるシェラトンワイキキはこちらです。

ワイキキビーチのど真ん中、立地はものすごくいい所ですね。そんなシェラトンですから、JALパックでもHISでもカタログのトップに掲載しています。

まずは、そんな超メジャーホテル「シェラトンワイキキ」でどんな部屋に泊まることができるのか?という対決からです。

「JALパック」では、「28階または31階指定ダイヤモンドヘッド・オーシャンフロント」という部屋タイプが選べます。これはJALパックのみが確約で予約できるのが売りです。

対する「HIS」では、30階にある「レアヒクラブラウンジ」を利用できる「オハナスイート」「レアヒクラブオーシャンフロント20階以上」「レアヒクラブマウンテンビュー20階以上」という部屋タイプが選べます。「レアヒクラブラウンジ」からはこんな景色が望めるようです!
View this post on Instagram

class field trip 🌴🌞#gradschoolinHawaii

Sammie Brownさん(@sammiembrown)がシェアした投稿 -


これは最高ですね~!行ってみたい!

そのほか、選べる部屋パターンは「JALパック」が6パターン、「HIS」が16パターンとなっています。多けりゃいいというものでもありませんが、予算などに合わせて柔軟に選べるのはHISですね。

という事で、この対決は「HIS」の勝利です!

ツアー料金対決!

続いては、メインの「ツアー料金対決」です!こちらは冒頭に書いた条件で比較していきます。

まず、「JALパック」ですが、2019年6月の旅行代金区分は「G区分」です。「JALパック」の区分は「S~H」までとなっているので、上から2つ目の区分です。JALパック的には意外と高めのシーズンという事になります。

一方、「HIS」の旅行区分は「C区分」です。「HIS」の区分は「A~Q」までなので、下から3つ目の区分です。こちらは安めのシーズンという扱いですね。

実際のところ、6月は「GWの後、夏休みの前」でどちらかというとハワイではオフシーズン寄りだと思います。JALパックの区分はちょっと意外でした。

そんな区分を踏まえて、条件を同じにするために、部屋は「10階以上オーシャンフロント」としました。それで料金比較をしてみると…

「JALパック」⇒32万円
「HIS」⇒33.48万円


となります。この時点では「JALパック」の方が安いのですが、「HIS」は120日前までに予約をすると1.5万円マイナスになるのでほぼ同額になります。4か月前までに予約できるならHISが良さそうです。

ただし、「JALパック」はもちろん「往復JAL確定」です。逆に「HIS」の料金はハワイアン航空が基本ですので、「どうしてもJALがいい!」という場合は、1.0万円~1.8万円プラス(往路便の時間による)となります。

という事で、この対決は僅差で「JALパック」の勝利です!

トロリー対決!

続いては、オアフ島内の観光を行う移動手段としてとても便利な「トロリー」の対決です。

「JALパック」はレインボートロリーですね。そんなレインボートロリーは
  • アラモアナルート
  • ダイヤモンドヘッドルート
  • KCCエキスプレスルート
  • ダウンタウンルート
の4ルートが基本です。期間限定で別ルートが追加になる場合もあります。

対する「HIS」はレアレアトロリーです。こちらは「エリアと停留所数がNo.1」をアピールしているように、確かにルートが多いです。書き出してみると
  • アラモアナ/ドンキライン
  • ダウンタウンライン
  • ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
  • イーストディナーライン
  • ウエストディナーライン
  • ワイケレ・モアナルア・ライン
  • イーストコーストライン
  • ウエスト・オアフ・ライン
  • ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン
となります。停留所が重複しているルートもいくつかありますが、かなり多いと思います。このほかにも、アラモアナやダイヤモンドヘッド、ファーマーズマーケットに直行する「エクスプレス」というトロリーも運行していて、目的がはっきりしているなら便利に使えます。

という事で、この対決は圧倒的に「HIS」の勝利だと思います!

ツアー特典対決!

最後に、今回の条件でツアーに申し込んだときの特典についての対決です。

まずは「リゾートカード」です。こちらはシェラトンだけでなく、モアナやロイヤルハワイアンで使えるカードで、ホテルのショップでの買い物や、バーやレストランでも使えます。

「JALパック」⇒90日前予約完了で60$、60日前で30$
「HIS」⇒90日前予約完了で80$、それ以外は30$


となっています。いずれも3連泊以上が必須ですが、HISの方が額と対象がやや多めですね。

次は「朝食」です。ワイキキではレストランやカフェが充実しているので、要らない場合もありますが単純に回数だけを比較すると、

「JALパック」⇒1回
「HIS」⇒4回


となっています。また、HISの場合、朝食だけでなく夕食のBBQも1回ついています。ただし、このBBQのクオリティはそれなりなのであまり期待はしない方がよいかと…

最後は「オプショナルツアー」です。初めてのハワイならオアフ島周遊のツアーなどに参加すると、ハワイのベタスポットを訪れることができるのでオススメです!それぞれ無料で参加できるツアーを挙げると、

「JALパック」⇒「ホクレア」
  • ベストオブオアフ
  • ノースショア&ハレイワ
  • カイルアタウン散策
「HIS」⇒「レアレアプラス+」
  • ハレイワシャトル
  • カイルアシャトル
  • ハナウマ湾シャトル
  • タンタラス夜景シャトル
  • カカアコシャトル
  • ロック・ア・フラショー入場券
  • ビーチヨガ
  • マカプウハイキングシャトル
となっています。数はHISの方が多いのですが、この中から一つだけが無料です。対するJALパックでは複数参加することが可能になっています。とはいえ、選べる範囲が広いHISの方が優位かと思います。

という事で、このツアー特典対決も「HIS」の勝利です!

結論!!

以上、いろいろなポイントで比較を行ってきましたが、結論としては勝利数から
「HISがオススメ!」
という事になります!とはいえ、一つのパターンでの比較ですので、ホテルや部屋によってはJALパック優位となる可能性も大いにあります。パンフレットをよくお読みになって比較してみてくださいね~

続きます!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

こんにちは。

JALパックでハワイ島直行便のツアーを申し込むと「ハワイ島到着日観光プラン コナ・コーヒー・ルート」というオプショナルツアーに無料で参加できます。あらかじめ日本で予約しておく必要はありますが、ハワイ島に到着してからホテルチェックインまでの時間を有効に使えるんじゃないかと思って参加してみました。このツアーをレポートします!


ツアーの流れはこんな感じ

このプランの大体の流れはこんな感じです。
  • 12:10頃 コナ空港出発
  • 12:30~13:30頃 ドトール・コーヒー直営「マウカ・メドウズ」コナ・コーヒー農園見学
  • 14:00~15:00頃 カイルア・コナにて自由散策(約60分)
  • 15:00頃 各ホテルへ
コナ空港から直接ホテルへ行くのではなく、ちょっと寄り道をしてから向かう感じですね。

今回ハワイ島で実感したのですが、やはりハワイ島は「ビッグアイランド」だけあって広い!オアフ島のワイキキ周辺では「移動は最悪歩けば何とかなるかも…」と感じるのですが、その感じが全くしないです。ホテルとホテル、ホテルと街の間隔がものすごく空いているので、徒歩移動はほぼ無理です。

そんなハワイ島では宿泊するホテルによって、「カイルア・コナ」に行くのにも移動手段を考える必要があるので、初日に「カイルア・コナ」に寄ってくれるのはありがたいと思いました!

続きを読む

こんにちは。

僕らは今年、JALパックでのハワイ島ツアーを計画しているのですが、無料で利用できるシャトルバスが便利そうだったので調べてみました。

そのシャトルバスの名称は「コハラ・コースト・イブニングシャトル」です!これはJALパックで申し込みをしたらもらえる「JALパックカード」を見せれば無料で乗れるシャトルです。具体的にはどんなシャトルなのかをまとめてみました。

コハラ・コースト・イブニングシャトルの概要
  • 運行ルート:マウナケア・地区~マウナ ラニ地区~ワイコロア地区の巡回(1日3本運行予定)
  • 運行期間:2018年4月~11月5日の毎日運行(10/13を除く)
  • 往路:マウナケア・ビーチ発 15:00/18:00/21:00
  • 復路:クイーンズ・マーケット・プレイス発 16:30/19:30/22:30
詳細なルートは
マウナケア・ビーチ⇔ハプナ・ビーチ⇒ザ・フェアモント・オーキッド・ハワイ⇔ショップス・アット・マウナラニ⇔マウナラニ・ベイ⇔ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ⇔キングスビレッジ⇔クイーンズ・マーケット・プレイス
となっています。

運行は夕方から夜にかけてなので、主に「ディナー」をターゲットにしたシャトルと考えていいと思います。レンタカーの場合、ディナーでお酒を呑めませんからね…。ということで、「せっかくのハワイ島のディナーだからお酒を呑みたい!」という人には実にありがたいシャトルだといえます。毎日運行ですし。

マウナケアリゾートやマウナラニリゾートのホテルに泊まっていても、キングスビレッジやクイーンズ・マーケットプレイスに行くことができますね~。このような無料シャトルはHISのツアーには無さそうなので「JALパックのメリット」と言えそうです。


注意点は…?

そんなありがたい無料シャトルですが、いくつか注意すべき点がありそうです。

まずは「運行本数」。こちらはすぐにお分かりいただけると思いますが、1日3本しかありません。それも3時間の間隔が空いています。もし乗ろうとしていたシャトルに遅れると、3時間別のプランを考えなくてはならないですし、最終便を乗り過ごした場合には…。考えたくないですね。

次に「予約不可」な点。このシャトルは予約をすることができなく、先着順になります。満員の場合は乗ることができませんので、最終便に乗れなかった場合には…。これも考えたくないですね。

最後に「現地ドライバー」。JALパックのページによれば、このシャトルを運行しているのは現地ドライバーのようです。オアフ島のシャトルバスも現地ドライバーの方々が頑張ってくれているのですが、やはり日本のバスのように時間は正確ではありません。

実際、オアフのトロリーに乗った経験では「結構適当に運行してるな~」という印象です。たとえ予定時刻になっていなくても、人がいないと見るや発車したりします。オアフのトロリーのように本数が多ければ問題ないのですが、この「コハラ」シャトルのように本数が少ない場合は…。またもや考えたくないですね。


うまく活用してハワイ島のディナーを!

といったように注意点はいくつかありますが、余裕を持って行動してうまく活用したいですね。今度のハワイ島ツアーで実際に使ってみてレポートしたいと思います。

余談ですが、クイーンズマーケットプレイス⇒フェアモントオーキッドは5.7キロくらいなので、最悪の場合は徒歩で帰ることもできます。マウナケアビーチホテルは、15キロ以上あるのでちょっと無理ですね…。そんな場合は、Uberでタクシーを呼びましょう!

「コハラ・コースト・イブニングシャトル」
https://www.jal.co.jp/intltour/hwi/koa/kankoplan/

続きます!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

↑このページのトップヘ